スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面のコントロール_2

面のコントロール_2

ゴルフクラブのヘッドをグリップに対して前後左右上下に移動したり、握りをストロングやウィークに変えると、それに応じてフェイスの向きが変わりボールの飛び出し方が変わります。

ゴルフクラブには距離を調節するため、あるいは、どの程度上向きに打ち出すかを調整するためにロフトが付いています。

ロフトはプル角を調整することにより、大きくしたり小さくしたりできます。
プル角とは言いますが、逆にプッシュ角をつけることも可能です。
ヘッドをグリップに対して飛球線後方へ持っていけばプル角は大きくなり、ロフトは小さくなります。
打球は低く飛び出し飛距離は大きくなります。

逆に、ヘッドをグリップに対して飛球線前方へ持っていけばプル角は小さくなり、ロフトは大きくなります。
打球は高く飛び出し飛距離は小さくなります。



面のコントロール

面のコントロール

クラブにはいろいろな角度がついています。
ロフト、ライ角、プル角。
こういう角度は他の競技ではプレイヤーが自分で作っているということはご存知でしょうか。
面を作るといって重要な技術です。
ロフト、ライ角、プル角を自分の体でしっかり作り、ボールを自在に打ち返す技術です。



ゴルフ --軸動説_6--

ゴルフ --軸動説_6--

背骨が軸であるという方。

問題なのは背骨が軸であるという方の中でも重心移動をしないとおっしゃる方です。

文字通り背骨を通る斜めの軸を意識し、その通りに動こうとする方を見かけます。
この場合、体は回すだけ、腕は上げるだけのちぐはぐな動きになってしまいます。

意識としての、「体は回すだけ、腕は上げるだけ」と実際にやっていることは違います。
当然、体は腕を上げるためのパワーを供給しなければならないし、腕は体の回転のパワーを増幅してクラブに伝えるために、横に振るとか手首を返すとかしなければなりません。

意識としては、「体は回すだけ、腕は上げるだけ」でも無意識のうちに色々とやっているわけです。

背骨が軸であるという方で重心移動をしないとおっしゃる方でもうまい方、その動きに不自然さを感じないような方は小さいながらも必要な動きをしているはずです。
洗練されて小さくなった動きを傍から見て、不要なものとして動かないとするのはとんでもない誤解です。

ちぐはぐな動きは体のどこかでパワーの衝突を引き起こします。
例えば腰を痛めている方。
これが原因かもしれません。

スイングの中心と重心を通る軸を意識することによって、全身運動としてのスイングの流れを正しくまとめることが出来ます。
 


ゴルフ --軸動説_5--

ゴルフ --軸動説_5--


背骨が軸であるという方。
背骨の後ろにあるという方。

このように斜めの軸を意識しボディーターンをした場合、頭はあまり動かさないでしょうから、いくらかは重心移動を伴うと思われます。

特に背骨の後ろに軸を感じるという方は十分な体重移動を行っていると思われます。
もし腰がほぼ水平に回っているようであれば、実質的には重心とスイングの中心を結ぶ軸を使うスイングと同じか、かなり近いものだと思われます。

意識しているのが胸の辺りの動きである、かなりうまい方に多いと思われます。

全身の運動を代表する重心の運動を,スイングの中心に対する回転運動として意識しながら、最もボディーターンの効率のいい重心を通る軸を意識するようにイメージを変えることは容易だと思います。

そうすることによって、全身運動としてのスイングの流れを正しくまとめることが出来ます。



ゴルフ --軸動説_4--

ゴルフ --軸動説_4--

右足を通る軸。
左足を通る軸。

右足を軸とするようなスイングは、左足に体重をかけられないような足場の悪いとき、あるいは、飛球線後方へよろけるくらい体を右にそらせて上に打ち上げたいようなときにしか使われないと思います。
ローリングを主体としたうち方か、腕だけで打つような形になります。
左足を軸として意識するスイングは、アッパーピッチング系のスイングを得意とする方に多いのではないかと思われます。
バックスイングでの体の前後の動きがダウンピッチング系に比べて大きくなり相対的に左右の動きが小さくなるためそう感じられるのだろうと思われます。
いずれにしても重心の動きを意識し、重心と頭部後方付近のスイングの回転の中心を意識できれば、スイングは今よりずっと容易になります。
もし文字通り、右足を通る軸、左足を通る軸、を固定しようとすれば不自然な動きになったり、手打ちになったりで飛ばすことは難しくなります。



フリーエリア

ゴルフのスイングパターン_基礎編
安全確保
ゴルフの練習には危険が伴います。 周囲の人やものに重大な危害を及ぼす可能性があります。 安全には十分な配慮をお願いします。 いろいろな練習方法をご紹介しますが、完全に安全無害なものはありません。 各自で安全を確保し、自己責任で実践されるようお願いします。
プロフィール

Author:atomedatta
ゴルフのスイング理論。スイングを3次元空間の3つの回転軸の構成要素に分解。基本的な17系統のスイングに分類。野球、テニス、バドミントン、卓球、水泳、陸上、体操、サッカーなどのスポーツ関係の方、バイオメカ二クス、書道、言語学の発音関係の方など、ご意見をお聞かせください。 目標は1馬力の飛ばないアトムです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お願い
ブログランキング・にほんブログ村へ

 一般

 スポーツ

 科学

ブログ王



更新の励みになります。
応援の1クリック、
どうぞよろしくお願いします。
FC2カウンター
アンケートにご協力お願いします
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。